老後の資産運用に失敗しないポートフォリオと借金を負わない方法

男女の老人がリビングに集まって楽しそうにしている

この記事を書いている人 - WRITER -


300万の借金をFXで完全返済。

月利50%以上で勝ち続ける現役デイトレーダー。

高い利回りでコンスタントに勝ち続けるためのノウハウを無料配信中。

詳しいプロフィールはコチラ

無料メール講座登録はコチラ

れんじ

どうも、デイトレーダーのれんじです。

この記事では、「老後の資産運用に失敗しないポートフォリオと借金を負わない方法」についてお話ししていきます。

 

少子高齢化社会で、年金の減額や年金開始年齢が引き上げられている中、老後の資産運用をしっかりしていくことで安心して生活していきたいですよね。

資産運用を始める前に大切なのが、「ポートフォリオを作成する」ということです。

ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことで、特に具体的な運用商品の詳細な組み合わせを指します。「ポートフォリオを組む」ということは、どのような投資信託を購入しようか、株はどの銘柄で何株ほど持つか、などの検討をするという意味です。

実は、このポートフォリオの組み方を誤って、退職金や貯金をあっという間に失ってしまったという人が多いのです。

中には借金を背負ってしまう人も……。

老後破産をしないためにも、失敗しないポートフォリオの組み方と借金を負わない資産運用方法を学んでいきましょう。

 

 

老後の資産運用の目標と目的を明確にする

資産運用で失敗する人の多くは、運用の目標と目的を明確にしていないからなんです。

 

ただ「豊かな生活をしたい」「お金を増やしたい」という漠然とした思いだけで、その通りになることはなかなかないですよね。

こうした漠然とした目的だけで資産を増やそうとすると、マネーゲームに陥るおそれがあります。

マネーゲームとは、最大限の利益を得ることを目的とした投機的な投資や資金の運用のことを指します。賭け事などと同じようにハイリスクハイリターンとなります。

 

目的がないために、運用の管理がルーズになり高いリスクを取った資産運用を続けるのを避けなければなりません。

資産運用は、自分の最終的なゴールを達成するための「手段」なんです。

 

また、明確な目標と目的があれば、計画的に資産運用をしていくことができます。

 

まず、目標と目的を達成するために必要な金額はいくらぐらいで、いつまでに用意していけばいいのかを具体的に知ることができます。

全体的な目標がハッキリとしてくると、月々どれくらい積み立てていくことが必要か、またはどのようなリスクを取ることが適当なのかを検討しやすくなります。

 

特に、短期的な目標ではなく、長期的な目標を立てていくことが重要です。

短期的な目標だとハイリスクハイリターンの運用になることが多く、損失を増やしてしまう恐れがあります。

 

老後が長くなっている今、資産運用には長期的な目標を持って計画を立てていくことが大切です。

 

 

老後の資産運用に失敗しないポートフォリオの組み方

老後の資産運用に失敗しないポートフォリオの組み方をお伝えします。

  1. 投資する市場を分散させる
  2. 1つの市場の中でリスクを分散させる

 

では、1つずつ詳しく説明していきます。

 

 

失敗しないポートフォリオの組み方1.
投資する市場を分散させる

失敗しないポートフォリオの組み方1つ目は、「投資する市場を分散させる」ことです。

 

投資の世界では、「1つのカゴに卵を盛るな」と言われています。

1つのカゴにすべての卵を盛ってしまうと、落としたときにすべて割れてしまう可能性が高いですよね。

 

でも、いくつかのカゴに分けておけば、1つのカゴを落として卵が割れてしまっても、他のカゴの卵には影響がありません。

これと同様に、資金を複数の投資先に分散しておけば、その中の1つが値下がりしても全体の資産に与える影響は最小限で済みます。

 

市場の種類には、

  • 株式(国内・海外)
  • FX
  • 不動産投資(国内・海外)

などがあります。

 

たとえば、これらの市場に3,000万円の資金を

  • 株に500万円
  • FXに500万円
  • 不動産に2,000万円

と分散しておけば、仮に不動産で失敗したとしても、全財産を失わずに済みます。

 

どこの市場にいくらの資金を使うのかを、計画的に考えて運用していきましょう。

 

 

失敗しないポートフォリオの組み方2.
1つの市場の中でリスクを分散させる

失敗しないポートフォリオの組み方2つ目は、「1つの市場の中でリスクを分散させる」ことです。

 

市場を分散してリスク分散をするのも失敗しない1つの方法ですが、1つの市場の中でリスクを分散させるという方法もあります。

知識が浅い市場に分散するよりも、自分が得意な市場の中で分散する方が安全に運用できる場合もあるんですね。

 

ちなみに僕は後者の方で、得意とするFX市場の中で分散しています。

たとえばFXでは、

  • 通貨ペアの分散
  • 時間軸分散(短期・長期)

などに分散をしてリスクを最小限に抑えています。

 

このようにあまり投資する市場を拡げずに、自分が得意とする市場の中で分散させていくというのもオススメの方法です。

 

 

老後の資産運用で借金を負わないためのもっとも簡単な方法

川沿いを歩く老夫婦

老後の資産運用で借金を負わないためのもっとも簡単な方法があります。

それは、「ゼロカットシステム」を採用している海外のFX業者を利用することです。

 

ゼロカットシステムとは、大きな為替変動で口座資金がマイナスになっても、そのマイナス分を業者が負担してゼロに戻してくれるシステムです。

大きな損失を出しても口座がゼロになるだけで済む、つまりはどんなに下手な人がトレードをしても借金を追うリスクがないということなんですね。

 

日本のFX業者はこのゼロカットシステムを採用していないので、損失を出すと追証(おいしょう)を請求されることになります。

なので、海外のゼロカットシステムを採用しているFX業者がオススメなんです。

 

しかし、ゼロカットシステムを採用しているFX業者であればどこでもいいわけではありません。

中には、ゼロカットシステムを採用していても、状況によって追証を請求されることがあります。

 

でも、安心してくださいね。

 

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者の中でも僕が強くオススメしている「XM」というFX業者なら大丈夫です。

このXMは、世界各国の金融庁から正規に認可を受けている確かな安心と、世界屈指の圧倒的な資金力を持ち合わせているFX業者なので、追証を請求される心配はありません。

詳しくは、こちらにXMをレビューした記事があるので合わせて読んでみてくださいね。

【関連記事】⇒【XM・レビュー】FXで借金を負うリスクを”ゼロ”にする。

 

XMに老後の資産の一部を入れて運用していくことで、たとえ大きな損失があったとしても、借金を追うことがないので安心です。

XMは僕も長年利用していますが、このゼロカットシステムの他にも国内業者にはないメリットが多いのでオススメです。

 

資産運用をしていく中で最も心配なことは、「大損をして老後に借金を抱えてしまうかもしれない」ということだと思います。

そうした不安要素がなくなるだけでも、資産形成にもたらす効果は絶大といえます。

 

 

【まとめ】老後の資産運用に失敗しない方法とは?

さて、ここまで老後の資産運用に失敗しない方法についてお話ししてきました。

 

老後の資産運用に失敗しない方法は大きく分けて3つです。

  • 老後の資産運用に対する目標・目的を明確にする
  • 分散投資をする
  • 借金リスクを負わない海外のFX業者を選ぶ

とくに、僕のオススメしている「XM」というFX業者では、ゼロカットシステムを導入していて、いくら失敗をしても借金を追うことがありません。

【関連記事】⇒【XM・レビュー】FXで借金を負うリスクを”ゼロ”にする。

まずは、XMで口座を開設することから始めてみませんか?

 

そして、このXMのゼロカットシステムで借金を負うリスクがなくなったら、次はFXで資産を増やすことを考えていきます。

FXに限ったことではないですが、投資では一時的に大きく利益を出すことのより、一定の利益をコンスタントに出し続けていくことの方が重要になります。

コンスタントに勝ち続けるためのノウハウは僕の無料メール講座で詳しく紹介しているので、ぜひ参加してみてください。

 

老後の資産運用に失敗しないためにも、ぜひ今回の記事で紹介した内容を取り入れて着々と準備をしていきましょう。

 

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

デイトレーダー れんじ

【全12回】完全無料デイトレーダー養成講座『YCD』


\大好評配信中!!/
相場ですっと使えるスキルをあなたに。
 

【参加者限定特典】
<特典1>
「逆張り高勝率ポイント」のPDFファイル
<特典2>
メール講座受講中トレードに関する質問し放題
 



コメントを残す